FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012謹賀新年 オフショア投資のオフショアマッチング




新年あけましておめでとうございます。
 
旧年中は格別のご高配を賜りまして、誠にありがとうございました。
 
本年も、オフショアマッチングでは、
弊社のマッチングサービスをご利用頂きました皆様へのサポートのより一層の充実と、
オフショア投資を成功させるために海外の正式なライセンス(SFC等)保持者でかつ信頼できるIFAを厳選し、無料で投資家にご紹介・マッチングして参ります。
 
本年度も皆様にとりまして実り多い年であります事を
心よりお祈り申しあげます。
 
 
 
香港IFA オフショアマッチング
オフショア投資のオフショアマッチング-信頼できるIFAを無料でご紹介いたします。
プライベートバンク(スイス プライベートバンクPB)
スポンサーサイト

中国の物価

深セン マッサージ

これは、中国深センの税関を出たところすぐにある
マッサージのお店の看板です。

木にかぶさって少し見にくいですが

足湯 70分 25元⇒ 350円

マッサージ 120分 50元⇒ 700円

1元 14円で計算

マッサージ 120分が1000円でお釣りという世界


物価の差って本当にすごいですね。
大学などで学ぶ経済はとても難しいですが
こういったところから経済に興味をもっていくのも一つの勉強です。

こういった指標は
現場でリアルに体験することができます。

オフショア投資のオフショアマッチング
スタンダードライフ

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

インド富裕層6割が投資拡大意向 HSBCの8ヵ国調査

インド

インド新聞 HSBCの8カ国調査によると
「現在の金融状況下における意識、消費行動とライフスタイルの変化、資産状況の変化、投資運用への関心」をテーマに実施した調査結果を発表

過去6カ月間の資産額の増減について、6カ月前と比べて資産が増加したと回答した人の割合
中国で70%(前回調査では46%)
 調査対象の8カ国中で最も高い比率
インドは68%(同28%)
台湾61%(同33%)
マレーシア55%(同35%)
インドネシア54%
シンガポール53%(同23%)
オーストラリア42%(同19%)
日本38%(同21%)
資産額が6カ月前と比べて増加したマス富裕層の割合は前回調査のおよそ2倍近い結果

今後6カ月間の投資行動については全般に投資額を増やすことを重視しているのこと。

日本では2番底を警戒している投資家が多い印象を受けますが、違いが数字に現れています。

今後6カ月間に投資額を増やしたいと答えたマス富裕層
インドで60%
シンガポールで52%
インドネシアで51%
マレーシアと中国では50%

それに対して、日本では27%

危機は危険でもあり機会でもあります。
インド2

日本、中国、インド、台湾、シンガポール、マレーシア、インドネシア、オーストラリアの各国のマス富裕層に属する30歳から55歳の1,700人以上を対象

マス富裕層とは、個人の月収または流動資産額でみた各国ごとの人口上位10%にあたる経済的豊かさのある富裕層を示しているとのことです。
日本においては、金融資産1千万円以上の富裕層を示しています。



ヘッジファンドについて
オフショアファンド オフショア投資のオフショアマッチング

DC開発さん訪問

DC開発研究所

本日の午後はDC開発さんという私が24歳(!?)ぐらいから
お付き合いさせて頂いている村上社長とビジネスミーティングをしてきました。
あらためて考えると24歳からですので早6年もお付き合いさせて頂いているとはすごいです。

私の前職からのお付き合いですので、ビジネスや会社が変わっても相変わらずお付き合いができる
関係って本当にありがたいと感じています。

最近ブログもはじめられたそうですので拝見させて頂きました。
http://ameblo.jp/murakamiblog/page-1.html#main
生の言葉で書かれているブログで楽しいですね。
勉強になります。

名刺の裏の経営理念を画像でアップさせて頂きます。
「人が成長すれば、夢も成長する。」
素敵な経営理念です。

バンコクへのビジネス展開の夢もお話頂きました。
とても夢のあるビジネスです。

これからも色々なビジネスを成功させていって頂きたいです。
これかも宜しくお願いします。

オフショア投資のオフショアマッチング
マン島

節税に勝る利回りなし!?

生命保険料控除の仕組みが2012年から変わる見通しです。

一般生命保険料控除
現行 所得 5万円 住 3.5万円

⇒一般生命保険料控除
改正後 所得 4万円 住 2.8万円
 介護医療保険料控除
     所得 4万円 住 2.8万円

個人年金保険料控除
現行 所得 5万円 住 2.8万円

⇒改正後 所得 4万円 住 2.8万円


例えば、個人年金保険料を年10万円払い、所得税率が20%の人としますと
現行制度では、上限5万円の控除を受けることができますので
年間の節税額は1万円。
保険料(投資額)10万円に対して実質1万円のリータンで年率10%の投資になります。
これに、住民税控除も加えると更なるリターンです。

今年から、住民税も上がっていますね。
私は、妻と共働きで子供もいないのでしっかり所得税も住民税も徴収されています。

オフショア投資で効率良く投資されている方々でも見落としやすいですね。国内のこういった基本的な節税は。
積立投資をされている方は特にこういったチリツモの節税もしっかり行って家計のキャッシュを少しでも豊かにしたいものです。

新制度が適用されるのは、12年以降に新たに契約した保険が対象となる見通しのようですので所得税や、住民税が最近重たくなっているなという方は、見直しの機会です。



オフショアファンド オフショア投資のオフショアマッチング

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。