FC2ブログ

住宅全壊、ローンは?敷金は?

東日本大震災の被害拡大を受けて、
近畿6府県の弁護士会で構成する近畿弁護士会連合会は、
1995年1月の阪神大震災の際に作成した書籍
「地震に伴う法律問題Q&A」の全文をインターネット上で公開しています。

「地震に伴う法律問題Q&A」

内容は、地震に伴う法律問題Q&Aより
「Q&A」によると、地震で家屋が全壊した場合、借家人は敷金(保証金)の返還を請求できるが、全額返還請求が可能かどうかは、滞納家賃や特約の有無で異なる。借家の一部損傷の場合は、地震などの不可抗力による場合でも、家主には原則修繕義務があるが、損傷の程度が大きい場合は修繕義務はないとされる。
 一方、全壊した家のローンは引き続き支払わなければならない。阪神大震災の時と同様、深刻な課題となりそうだ。



政府による特別立法などの措置が求められます。


ライフプランを考える上での住宅ローンに伴う様々なリスクを考える時代になっています。




オフショア投資のオフショアマッチング
スポンサーサイト



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード