FC2ブログ

シリーズ 増発!?IFA難民 オフショア投資の注意点

香港IFA
オフショア投資のオフショアマッチング


ここ1,2年でこのオフショア投資の業界もかなり様変わりをした気がします。
情報量がかなり増えた事は良いことなのですが、なかには間違った情報や明らかに違法な情報、悪い業者!?(最近はオフショア 悪徳業者というのがキーワードのようです)の思いのままに提供されている情報など
かなり業界自体が大荒れになり、投資家からは本当に一体何を信じて良いのか分からないと毎日の様に悲痛な声を良く耳にします。

一度、ここでこのオフショアの業界や重要な事項について
オフショアマッチング独自の視点や切り口で少しシリーズとして
掲載できればと考えました。

タイトルに「増発!?IFA難民」としましたが、
ネットで検索する限りでは、世の中ではじめて使われる言葉かもしれません。
「IFA難民」 あまり良い言葉ではないかも知れませんが、
一人でも多くの方が、こういった事態に陥らないよう、
この言葉が広がらないようになればという思いを込めて掲載させて頂きます。

「HSBC難民」「HSBC口座難民」は少し以前から騒がれているところですので
私の方では、まずはIFAにフォーカスして見たいと思います。

初回である今回は少し、
オフショア投資業界の歴史を振り返ってみます。
お付き合いくださいませ。


外為法改正以降、日本人が自由に海外に銀行口座を開設したり、海外の証券会社に口座を開設し取引を行ったり、海外のオフショアファンドやヘッジファンドに投資をしている人もそこまで珍しい存在ではなくなりつつあります。

私の感覚では、
2000年付近が
第一次オフショア投資ブーム
 1997年に刊行された「ゴミ投資家」シリーズの制作スタッフが中心となって海外投資を楽しむ会の創設メンバーで有名な橘玲(たちばな・あきら)さんの本などで海外投資の世界を開かれた方も多いかと思います。
私も橘玲さんの本は論調がとても衝撃的で当時沢山の刺激と勉強をさせて頂きました。
橘怜さんの本でオフショアの世界や、オフショア銀行について知った方や実際にオフショアバンクに口座を作られた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
弊社のお客様でも一番最初はこの、「ゴミ投資家」シリーズがきっかけでオフショアを知り、勉強をしていく過程で弊社オフショアマッチングの存在を知って、IFAとのマッチングをさせて頂いた方も沢山いらっしゃいます。
そういったお客様で多かったのが、とりあえずオフショア銀行(アビー abby や HSBC香港)などは作ってはみたもののなかなか活用ができておらず銀行の活用の仕方も含めてIFAのご紹介・マッチングの希望を頂く事でした。

そして、
2005年~サブプライム・リーマンショックまでが
第二次オフショア投資ブーム

つづく・・・

オフショア投資のオフショアマッチング
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード