FC2ブログ

最近の金融情勢について 日銀理事 セミナー参加




1月23日には日銀は金融政策決定会合にて
海外経済の減速が日本経済に与える影響を点検し、
国内景気が足踏み状態となっていることを確認しました。

その日銀理事大阪支店長の
最近の金融経済情勢についての講演が大阪銀行協会で開催されました。

直近のマクロ経済状況の確認とコメントは、

アメリカの経済状況
そして日本
世界全体が足踏み 横ばい状態

ギリシャ問題 ヨーロッパ危機についても
中央銀行にできるのは
時間稼ぎだけ
政治の決断が急がれますが
民主主義である限り、合意が必要になります。
それが民主主義の払うコストとして考えるしかないでしょう。

また、国内企業の海外生産シフトについては、
別に円高だけが問題ではなく、
外(海外)に需要あるから
電力問題は別としてとのこと。

数字で見ても
日本はまだまだ世界と比べるとグローバル化が送れています。

対外直接投資残高名目GDP比率 2010年
日本 15.2
アメリカ 30.7
ドイツ 43.5
フランス 59.8
イギリス 75.1


まだまだ、グローバル化は進んで行きそうです。

先日発表のあった、2050年後の生産人口の件をついつい
考えてしまいましたが、日本国内の空洞化に対する対策を本当に考えないと
働くところが日本からはどんどんとなくなっていくことでしょう。


オフショア投資のオフショアマッチング
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード