FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界中のHSBCの口座凍結への対処法 1



皆さんこんにちは
オフショアマッチングを運営しております
株式会社ウィズダムライフ 森口です。


HSBC香港では、12ヶ月間口座にまったく動きが無いと
セキュリティを目的として、Dormant Account、つまり休眠口座となり
ネットバンキングの利用やATMでの引出しなどに制限がかかる事は
もうすっかり有名ですね。

せっかくわざわざ香港まで渡航して、海外の銀行口座であるHSBC香港の口座を
作ったのに放置をしてしまったがゆえに口座が使えなくしまうと
解決するには、またご本人が香港のHSBCの店舗へ出向かなくてはいけません。

最近では、HSBC香港以外にもHSBC中国、HSBCシンガポール、HSBCマレーシア、HSBCフィリピンなど
香港以外にも積極的に銀行口座を開設されている方が少しづつ増えているようです。

とは言いましても、まだまだせっかく香港の口座を作ったのに活用ができず、
凍結されてしまう方の方が圧倒的に多いようではありますが・・・

そんな中でも、香港以外に口座を作られる方は
かなり積極的に海外口座を活用しようとされているのではないでしょうか。

HSBC銀行ではグローバルビューという仕組みがあり、
それぞれの国で口座を開設しますと、一つの画面で全ての国のHSBCの口座を
管理する仕組みがあります。

とっても便利でグローバル銀行の強みをフルに生かした仕組みなのですが、
同じHSBC銀行グループといってもやはりそこはそれぞれの国の別々の会社法人であり、


それぞれの国の法律や規定も違ってまいります。

従いまして、冒頭のHSBC香港のような口座凍結の扱いや対処法もそれぞれで
変わってきてしまうところがやっかいなところです。

次回以降で、それぞれの国、
HSBC中国、HSBCシンガポール、HSBCマレーシア、HSBCフィリピンなどで
具体的に、凍結、休眠までの期間や対処法について
自身の備忘録も兼ねて記事にしたいと思います。

私自身もついつい普段そんなに使わない国のHSBC口座は
忘れている内に凍結されてしまった経験もありますので。




厳選した信頼できるIFAを無料でご紹介
http://www.offshore-match.com

オフショア投資のオフショアマッチング
株式会社ウィズダムライフ


オフショア投資・オフショアファンドの香港IFA

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。